リモートワークとは

2017年1月8日

リモートワーク(在宅勤務)とは仕事で登記している特定のオフィスに出勤せず、自宅やカフェ、コワーキングスペースなどで仕事を行う仕事のスタイルを指します。

近年はリモートワークを導入する会社が増加傾向にあります。
会社がリモートワークを導入する場合、社員はリモートワークの手法を正しく学ぶ必要が生じます。

この記事では、リモートワークのメリットリモートワークのデメリットと、リモートワークに必要となるツールをご紹介します。

リモートワークのメリット

リモートワークの一番のメリットはコストカットが挙げられます。
リモートワークが可能ならば通勤の交通費や時間、オフィスの賃貸料など固定費を節約できます。

リモートワークのデメリット

リモートワークではリモートにより見えなくなったもの、聞こえなくなったもの、認識できなくなった全てがデメリットになります。

例えば、ある人がオフィスで8時間働いていることを目視できていたら、8時間働いていたと認識できます。しかし、リモートワークでは8時間働いていたことを目視することはできません。認識できない、見えない部分は仕組みやルールで補うしかありません。

リモートワークでは信頼が重要

リモートワークでは、見えない部分でその人が8時間働いたと主張したらその主張を信じるしかありません。
つまり、リモートワークでは信頼できる人と働くことが非常に重要になります。

逆に、信頼がまだ育っていないメンバー間でリモートワークをするのはやめたほうがよいです。ここがリモートワークの難しいところです。信頼を測るのは難しいからです。

もし、リモートワークを導入するならば、信頼できるメンバーのみを採用することが大切です。あるいは新規メンバーはまだ信頼が担保されるかはわかりませんから、試用期間を設定して、一定の水準をクリアしているなどの信頼が担保されてからリモートワークの導入をすると良いです。

リモートワーク専用のツールを使う

リモートワークでは、信頼を担保するためのツールの導入が必須です。鉄板のツールは、グループチャットやビデオチャットです。
グループチャットやビデオチャットで反応が返ってきたり、姿が見られればその人が仕事をしているイメージができます。

私が普段リモートワークをする際に使用しているツールを以下に挙げておきます。

ビデオチャットツール

テキストチャット

新しいツールの登場

ここで紹介したツールはほんの一部ですが、リモートワークに有用なツールが今後も新しく登場することが予想されます。
リモートワークを導入する際に、これらのツールを使用せずにリモートワークを行うと何らかの問題が生じます。

リモートワークについてまとめ

リモートワークを導入する現場は、今後もどんどん増えていくことでしょう。
もしあなたがリモートワークを未経験の場合、リモートワークのうまいやり方を学ぶ必要があります。
なぜなら多くの人はリモートワークの経験が無いためです。

リモートワークについての学習は必ず必要なことです。今後リモートワーク可能な仕事が増えていく中で、それらを学ばずに通り過ぎることはできません。

リモートワークでこういうノウハウが役立ったなどの情報は、書籍や勉強会で公開されているものが多いです。当記事だけでなく、情報収集をして人生を改善する助けにしていただければ幸いです。